不動産

サブリースの不動産投資【ファイナンスのプロドットコム】

賃貸経営と空室対策

賃貸経営と注意点

money

賃貸経営を行う場合に、最も困ることが空室が発生し、家賃収入を得られなくなることである。空室が発生した場合にも維持管理費は必要になるため、そのままにしておくことで費用が発生していく上、建築費の回収なども行えない状況になる。その為、空室対策は重要なものとなるが、それらの対策のうちの1つとしてあるのが家賃保証である。家賃保証は、管理会社に委託して賃貸経営を行うということになる。管理会社に委託することで、空室がある無しに関わらず、毎月決まった収入を得ることができるなど、空室時の損失を軽減できる。但し、家賃保証の利用には注意点もある。家賃保証を行うことで、本来満室であれば得られる額を得られないなど、収益を下げる可能性が有る。そのため、満室で運用できるなどがある場合には利用しない方が良いケースもある。

賃貸経営の負担軽減

賃貸経営を行う場合、安定して収益を上げるための方法としていくつかのことがある。その1つが家賃保証であるが、家賃保証を利用する場合のポイントとしていくつかのことが挙げられる。まずは、賃貸経営に関する負担を軽減したいという場合の利用がある。家賃保証では、賃貸の管理や入居者の管理は、基本的には管理会社が行うことが通常になる。その為、管理会社に任せることで、様々な事務的な内容や作業を減らすことができる。その為、賃貸経営を手軽に行いたい場合には、これらを活用することで、安定して収益を挙げながら負担の軽減につなげることができる。また、空室が発生しやすいなど、賃貸経営が上手くいっていない場合にも、利用することで収益改善に繋げられる。

Copyright © 2015 サブリースの不動産投資【ファイナンスのプロドットコム】 All Rights Reserved.